三鈴マシナリー

ごあいさつ

三鈴マシナリ―代表挨拶當社は1941年神戸にて創業して以來、今日まで日本の海運?造船業の発展と共にその業容を拡大してまいりました。

近年、地球溫暖化対策をはじめ環境負荷削減への努力は全世界、全産業規模の取り組みとなりつつあります。船舶用燃料はおよそ100年前に石炭から重油に切り替わって以來の大きな転換期を迎えており、次世代燃料の開発に向けて様々な試みがなされ、既にその実用化を一部にみております。2050年のカーボンニュートラル社會の実現に向けては、燃料転換のみならず、今後とも様々な技術革新が期待されるところです。

當社は創業時における船舶機器を手始めに、物流機器、産業機器の取り扱いにも手を広げ、これらの分野においても実績を重ねて參りました。世界的な環境問題への取り組みに向けての大きなうねりを新たなビジネスチャンスととらえ、SDGsを念頭においた経営を心掛けるとともに、持続可能な地球環境の実現に貢獻できる企業であり続けたいと願っております。

今後ともなお一層のご愛顧をよろしくお願い申し上げます。


代表取締役社長
山口 高志